よく調べて選ぶ

都内では土地の値段が高いことから、地方と比べるとお墓の値段も当然高くなることが予想されます。しかし、よく調べてみてサービスなども含めて考えてみると、返ってリーズナブルなプランもたくさんあるのです。

大規模と小規模

式を行なうには何事も予算が必要となります。基本的に借りる場所が大きければ大きいほど葬儀は盛大になり、料金も当然高くなるのです。予算があまりない場合、参列者を制限する方法もあります。

社会が求める制度

急速な社会制度の変化により、暮らしのシステムが追いつかなくなることがあります。遺品整理の業者も多数増えてきているので、やっと高齢化社会にあらゆる制度が追いついてきたという印象があります。

変わって整理

遺品整理を行ってくれる業者はいまや数千にも上るほどいるといわれています。遺品整理を専業として行う業者のほか、不用品の買取り業者などが手広く遺品整理も請け負う場合など、業者も多様化しています。数多くの業者から信頼できるところを探し出すにはいくつかのポイントがあります。 まず、スタッフのスキルを見分けるポイントとして、認定資格の有無が挙げられます。遺品整理業には、遺品整理という認定資格があります。遺品の取り扱いや法律知識、また倫理的な問題など幅広い知識を備えた遺品整理士がいる場合は、対応にも一定レベルが期待できます。近年では多くの業者が遺族に配慮した対応を心がけており、不要とされる品々でも必ず供養をしたうえで処分するというところも増えています。こうした社の方針も業者選びのポイントです。また、対応の悪い業者は長く事業を続けられるものではありません。その点では、営業年数のある業者はある程度期待が持てると言い換えることもできます。

遺品整理業者を選ぶ際には、価格も重要となります。通夜や葬儀にも多額の費用がかかりますので、できれば費用を抑えたいものです。 一般的に、遺品整理の費用は、運搬費用と作業費用に分かれます。運搬とは、遺品を運ぶトラックの使用料金です。軽トラックで6000円、2トントラックで12000円程度が目安です。遺品の量に加え、部屋の広さなどに応じて、作業員の数が決定します。作業員2名で30000万円程度とみておいてよいでしょう。遺品整理と一口に言っても、整理の仕方も様々です。思い出の品を手元に残す・処分する・売却する・ハウスクリーニングまでお願いするといった依頼によって費用も異なります。最近では時間単位で格安で作業員を依頼できるサービスも増えているのも大きな特徴です。安い業者は確かに魅力的ですが、総合的に判断することも必要です。