大規模と小規模

葬儀は規模の大きさにより費用が異なり、大規模で行うほど費用が高くなります。一番大きいのが社葬や団体葬です。社葬や団体葬は個人葬とは違って企業や団体が経費の中で行います。葬儀会社に依頼した場合、基本料金として200万円以上の費用がかかります。 個人葬の中で最もオーソドックスなのが仏式の一般葬です。仏式の一般葬は仮通夜、本通夜、葬儀、告別式という流れで行われます。一般葬は参列する人数により基本料金が100万円〜200万円くらいの費用がかかります。 一般葬を小さくした葬儀が家族葬です。家族葬はだいたい30万円〜50万円くらいでできる小規模な葬儀になります。参列者を制限して葬儀を行いたい場合に向いています。

都心を中心に今はコストを抑えて小規模な葬儀を行う傾向があるようです。火葬だけ行う火葬式などは、20万円もあればできる一番シンプルで経済的な葬儀です。とは言っても全国平均で見ると多くの人が200万円近くの費用をかけて葬儀を行っているというデータもあります。 どのくらいの費用がかかるかは、依頼する葬儀会社によって決まるといっていいです。そのため、不幸が訪れたら速やかに「見積もりサイト」などを利用して複数の会社から見積もりを貰う事をお勧めします。見積もりサイトなら数分の入力で100社以上の会社から見積もりを出してもらえます。 見積もりは料金内容をよくチェックして必要なサービスが含まれているか確認することが大切です。