よく調べて選ぶ

親族が亡くなるとお墓のことが問題になります。都内に住んでいるとお参りの関係もあるので出来るだけ都内にお墓を作りたいと思います。都内は高いという印象がありますが、良く調べてみると現在の事情を垣間見ることが出来ます。都内の社寺は昔からの人が少なくなっていることもあって檀家制度の維持が難しくなっています。檀家の数が減っているので社寺の維持が難しくなっているのが現実です。中にはお墓を他に移して檀家から離れる人も少なくないようです。こうした動きを背景にして都内でもお墓の売り出しが少なくありません。従前の宗派は問わずに募集をしています。墓石業者が社寺の代理として広告を作成のうえ現地案内を担当しております。

今後のことを考えると団塊の世代を中心に少子高齢化が進み、人口の減少が確実です。都内のお墓についても今後は大きく減少することが見込まれます。今後は葬儀に対する考え方やお墓に対する考え方が大きく変わる可能性はありますが、当面は都内に確保することを最優先にするのであれば、一過性かもしれない現在の動きに乗って早めに交通の便の良いところに確保してしまうことが重要です。最近は相続の関係もあるので生前に自分のお墓を建設する人も増えています。相続の関係では葬祭関係の費用は相続税の対象から外されますが、手間などを考えて生前に建設してしまうようです。少子化や核家族化の影響で遺族の数も少なくなっていますので以前に相談をして場所を決めておくことも大事です。